Index > いわゆるダブル定額方式の料金体系、「パケホーダイ ダブル」がついに出ました!(ドコモから)(docomo,smartphone)
Tue, August 26, 2008

いわゆるダブル定額方式の料金体系、「パケホーダイ ダブル」がついに出ました!(ドコモから)(docomo,smartphone)

ここしばらく、ずっと定額ネット接続できる携帯電話の あれこれを考え続けていたのですが、 パケホーダイダブルが出てしまったので、 ドコモにきまりそうです。

検討してきたのは...

移動中にメモやカレンダーにアクセスしたり、Wikipediaを読みたい。 それから、仕事でつくっているデモツールを携帯で動かして プレゼンテーションしたい。 というのが主な動機。

ランニングコストの面では、 現状、emobileとdocomoと契約しているので、 この2つのどちらに追加する形にした方が安い。

ただ、emobileはまだサービスをはじめたばかりでH11TのMIDP対応状況に関して 情報が少ないし、 仕事がらみの場合、ドコモの携帯上で動く方がデモとして成り立ちやすい。 (あ、それいいね!だけど何?emobileと契約しないとだめなの?と言われる確率が高い。)

それから、emobileは料金が安いのだが2年間継続しないとペナルティがあったり、ややこしい。 ドコモは、既に契約中なので、 単にパケホーダイに申し込むだけで利用できるし、 もし使わなければ、パケホーダイを取りやめるだけで済むので 楽は楽。 ただ、使っても使わなくても4000円強の料金が発生してしまうのが ちょっと心理的に決断しにくかった。

さらに、 iアプリについては、MIDPに比較して将来性 (いわゆるガラパゴスケータイの話ですが)どうなの?ということもあり、 どうせやるなら、世界標準の方がいいのかな、とか。 あれこれ悩みました。 Nokiaの携帯電話も一回使ってみたいなぁ...みたいな。

しかし、パケホーダイダブルが出たことで、意思決定できそうです。 まずiアプリからはじめてみて、だめならそのとき(MIDPにするとか)考え直そうと。

携帯でネット定額利用したい動機

2008年の目標のひとつは、 「ネット側に自分のコンテンツやデータを移してしまうこと」だったのですが、 年始めにemobileを契約して、モバイルPC(Let'sNote)での 常時ネット接続体制ができてから コード、ドキュメント、レポート、メモなどがかなりネット側に移ってきました。

一旦、データがネット側に移ると、 ノートPCを持ち歩くようになったのですが、 実際には、 いつもノートPCが必要ではなく、 もし携帯がネットに接続できるならば、 それだけで済むような状況も出てきました。

また、携帯Java開発が盛り上がっていたころ(2002年ごろ)と くらべて携帯自体の処理スピードもあがり、 画面解像度も(機種によっては)非常に広くなっているので、 いまならかなり使えるiアプリをかけるんじゃないかと。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories