Index > ext2でフォーマット済の外付USB HDDをWindows/MacOSXで簡単に読み出す方法(は結局ない...orz)
Mon, August 18, 2008

ext2でフォーマット済の外付USB HDDをWindows/MacOSXで簡単に読み出す方法(は結局ない...orz)

手元に、ext2でフォーマットした外付USB HDDがあるのだが、 それをLinux環境なしに簡単に読み出す方法はないか? と軽く思い調べたところ、いくつかその用途に使えるツールがあったのだが、 いずれも取り扱いがあまり簡単そうではなかった。

今回の場合継続的にext2をWindows上で扱える必要はなくて、 一時的に、ext2上にあるファイル一式(30G程度)を取り出して使用したかっただけなので、 インストール&設定に時間を使いたくなかった。

結局、Ubuntu8.10のインストールDVDは LiveDVDになっているため、 これを使って起動して、そこから、ext2ファイルをマウントして読み出すのが 一番簡単そうなことが判明。

しかし、作業用ノートPCはUSBポートが2つしかない。 ひとつにコピー元HDD、もうひとつにコピー先のHDDを接続して、コピーをしたいのだが、 ひとつは既に起動用外付DVDドライブに占拠されてしまっている。

(※ちなみに、USBハブがあればそれを使うのが本来一番簡単です。)

Wubiを使う

Ubuntu には、Wubi(Windows-based Ubuntu Installer)というのものがあって、 WindowsのHDDに空き容量さえあれば、Windowsからインストールできるツールが あることが判明。 しかも、パーティションなどの用意が不要。 (Windows上のファイルシステム上にUbuntuのファイルシステムをファイルとして配置できる。)

これで、Windowsにダメージを与えないで、しかも、USBポートを塞がない形で、 Ubuntuを使うことができる。(これはすごい)

ext2からNTFSにコピーしてみる(失敗)

Ubuntu 8.10 は、NTFSに対応しているので、 ext2上にあるファイルをNTFSにコピーすることにした。 (その方が取り扱いが楽だから)

ところが実際にやってみると、NTFSはファイル名が長すぎる、という警告を出して止ってしまった。 NTFSってファイル名(パスも含めた)の長さに制限あったの?

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories