Index > HyperEstraier 全文検索の導入ログ
Fri, December 7, 2007

HyperEstraier 全文検索の導入ログ

個人的なメモがたまってきたのと、 ウェブに公開しているブログの検索をローカルで 簡単にできる方法を探していて、 HyperEstraier に行き着く。

標準のパッケージでは、検索インタフェースがCGI(Web用) しかなく、apacheなどを動かさないといけないので、 (私の場合)困った...と思ったのだが、 Javaバインディングが入っていて、 ちょっとコードを書けば済む話だった。すばらしい。

HyperEstraier導入

コマンドラインでとりあえず使えればよいということで、 Linuxにソースからインストール。

事前の準備

zlib

1. apt-get install zlib-devel

QDBM

普通にインストール(./configure;make;su;make install)
configureのオプションを以下のように指定(zlibの有効か)すると インデックスサイズが小さく抑えられる、とのこと。

$ ./configure --enable-zlib

libiconv

/usr/bin/iconv がインストールされていたのだが、 HyperEstraierのconfigureでは、libiconvが検出されない。 原因はよくわかっていないが、HyperEstraierページの 指示通り libiconv-GNU Project のサイトにてソースを入手してインストール。

特に変わった指定はしないで 普通にインストール。

$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make
$ su

# make install

HyperEstraier本体のインストール

これも 普通にインストール。

$ ./configure
$ make
$ su

# make install

以下のようにコマンドがインストールされているか確認。

$ which estcmd
/usr/local/bin/estcmd

(aptに比べれば)手間はかかったが 簡単にインストール完了。

Javaバインディングインストールメモ

$ cd path-to-hyperestraier/javanative
$ ./configure
$ make
$ su

# make install

$HOME/.bashrc に以下の環境変数(LDLIBRARYPATH)を設定

export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:/usr/local/lib

実際にhyperestraierのJavaAPIを使うには

にある estraier.jar をclasspathに追加する。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories