Index > モバイルノートパソコンについての個人的考察...Let's note R6
Tue, February 26, 2008

モバイルノートパソコンについての個人的考察...Let's note R6

Let's note R4 ,Let's note T5, Let's note R6...ということで ここ数年で仕事用のPCはパナソニックのレッツノートが3台続くことに なりました。

レッツノート R6 導入しての所感

R4と比べていろいろなことが格段に良くなっています。

まず性能とモバイル性

R6は高性能CPU搭載などによる影響か、バッテリー持続時間が減っているのが いままで導入を躊躇していた理由のひとつだったのですが、 それなら、常時バッテリーを2本使えばいいか、と 発想の転換をして(モバイルユーザならもはや常識?でしょうか...) 導入しました。
実際に使ってみると

  1. R4と比べて格段に体感できるほど処理スピードがアップしている
  2. 1本のバッテリーの重量が軽いので常時予備のバッテリーを持ち歩いても苦にならない

ということがわかりました。
R4とR6のバッテリーの形状が違い使い回せない。 貧乏性なので、 R4のバッテリーが無駄になりもったいない! とおもっていたのですが、 そこは、形状が変わって軽くなったため、 常時予備バッテリーを携帯できるようになった、と 新しい価値を評価して貧乏根性を克服しましょう。

Parallels が快適に使える

わたしは、いわゆる 重い ソフトウェアを使っていないので、 WindowsXP単体で使っている分には、 Let's note R4のパフォーマンスでも問題なかったのですが、 Parallels workstationを導入してから、そうもいかなくなりました。
R6に乗り替えた今となっては、 もう元に戻ることは無理です。

R4+Parallels(メモリ1G)で 一番痛いのは、 ゲストOSを起動したまま、 ホストOSをサスペンドすると、復帰時に異様に時間がかかることです。
(ちなみに、ホストOSはWindowsXPで、ゲストOSはLinuxです。)
サスペンドから回復できなくなるという体験を数回したので、 その後は、 データを失うのが怖くて、 ゲストOSをサスペンドしてから、 ホストOSをサスペンドするようにしていました。

R6(1Gメモリ)に乗り換えてからはこのようなことがなく、 ゲストOSを動かしたまま、ホストOSをサスペンドしても、 問題なく復帰できています。 これで、 時間をとても節約できるようになりました。

筐体とキーボードの感じ

筐体は さらに頑丈感がアップして、モバイル時に安心できます。 R6では、上蓋と下蓋が"かちっ"と合わせるように凹凸になっていて、 グラグラした感じがありません。(文章で書いても伝たわらねぇ〜)

キーボードの入力感覚は、R4と変わらないので、 ストレスなしに移行できました。
よくレビューでRシリーズはキーピッチが狭く タッチタイピングが難しい、とありますが、 わたしは全然問題ないです。
Let's note T5(A4サイズ)も持っているので良くわかるのですが、 T5は大きい分、指を動かす範囲が広くなるので、 手がつかれる&入力スピードが落ちます。
まあ、これはひとによって手の大きさは違うので、 一概にいえる話ではないですが。

R4,T5,R6への変遷理由

外で仕事することが多いので、モバイルノートPCということで、R4を 買ったのですが、その後T5を購入したのは、R4の画面が小さすぎる と感じたからです。

わたしは花粉症なのですが、春には目がしょぼしょぼして ディスプレイが見にくいのです。 それで、R4の画面の小ささがつらくなって、 画面サイズ本位でT5を導入してみました。
T5は、R4と比べてやや重く大きいのですが、 R4より長時間稼働できるため、モバイル用途には ある意味 R4以上に適しているかと思ったのですが、 実際にモバイルしてみると、全然仕事が捗らないんです、T5を使う場合。

はじめは、良く理由がわからなかったのですが、 いろいろ試した結果、{u:モバイルするにはわたしにとっては筐体がややでかい} という結論に達しました。

R4とT5の大きさの違いなんて、ちょっとしたことなのですが、 T5くらい大きいと、 たとえば、スターバックスなどで ノートパソコンを取り出して、カチャカチャ仕事していると ・・・なんとなく、ひと目をはばかる気がするのです。
でもR4のサイズだとそうはならない。

たぶん(というか絶対)他人はわたしのことなど 全く気にしていないので、本人がそう思っているだけの話ですが、 なんとなくT5は、そわそわしてしまって集中できないんです。

そのうち慣れるかな、と思い一ヶ月交代くらいで、それぞれ 今月はR4で、今月はT5、というように実験してみたのですが、 結局T5に慣れることはありませんでした。

ま、他人にしてみればどうでもいいような話なんでしょうけど。

そしてParallelsを導入して、先に書いた通り 不満があったので、R6を導入することになりました。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories