Index > Mac OS X v10.5(Leopard) を普通のUnixとして使えるように設定
Thu, December 11, 2008

Mac OS X v10.5(Leopard) を普通のUnixとして使えるように設定

Leopardではそれ以前のバージョンのMac OS Xと違い、 Terminal の日本語対応がされていて、vi,emacsでほとんど設定なしに日本語が通るようです。
しかし、普段Linuxで使っているツールをMac OS Xで動かそうとすると 何かと不都合が生じます。 その解消のための試行錯誤の結果をメモ。

以下の情報は、主に Terminal でツールを使う場合の不都合解消howtoです。

バックスラッシュ(backslash)が入力できない?

¥キーを押しても、バックスラッシュになりません。 Option + ¥キーでバックスラッシュ入力です。

~/.bashrc を設置しても有効にならない?

~/.bash_profile を設置して、以下のように記述することで、~/.bashrc の内容をイキにすればよいようです。

source .bashrc

lftp がない

最新のlftp をソースからインストールしようとしても、 configure段階で、

need installed readline-devel package

となりNGです。
readline-devel が必要ということですが、 ネットで調べてみると readlineをインストールするのもあまり簡単ではないようです。

lftpをインストールしたいだけなのに、fink を導入するのもどうかと思いましたが、 いまの状況ではそれがもっとも近道に思えます。

fink を導入

Fink Download のページ通りにインストールできます。

初期導入段階では、lftpは含まれていないようです。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install lftp

で、導入できました。(すばらしい!)

wget がない

finkが入っているので楽勝です。

$ sudo apt-get install wget

ソースからも導入できます

GNU Wgetからソースをダウンロードして 普通にインストール。

$ tar xfz wget-1.11.4.tar.gz
$ cd wget-1.11.4
$ ./configure
$ ./make
$ cp ./src/wget ~/bin/
$ chmod 755 ~/bin/wget

Jythonがない

Jython downloadより入手。

$ mkdir $HOME/local/jython
$ java -jar jython_installer-2.2.1.jar

〜$HOME/local/jython にインストール〜

.bashrc を設定してパスを通します。

export PATH=$PATH:$HOME/local/jython

nkfがない

$ sudo apt-get install nkf

nkfを使ってテキストファイルを UTF-8に変換

$ nkf -w foo.txt > foo-utf8.txt

その他困ったこと

cp コマンドのオプションが違う

MacOSX の cp コマンドオプションがLinux(というかGNU)の cp コマンドと 異なるので戸惑う。Linuxでは、 -u や -i をよく使っているのだが、 MacOSXではエラーになってしまう。

Spotlightの起動オプションが Ctrl+Space

emacsを使っていて範囲指定しようと思って、Ctrl+Spaceすると、 意に反して、いきなりスポットライトの検索ポップアップが出るのはつらい。

対策:システムプリファレンスからスポットライトを選択し、キーボードショートカットのチェックを外す。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories