Index > CD-Rを焼く前にisoイメージファイルを使ってテストする方法
Fri, August 8, 2008

CD-Rを焼く前にisoイメージファイルを使ってテストする方法

ローカルのファイルシステム上ではうまく作動するのに、 CD-Rに焼くとうまく作動しない。
そんな場合のひとつの対処方法。

原因がわかればいいのだが、わからない場合、 まずは再現環境をつくらないとトラブルシューティングは難しい。 しかし、トラブルシューティングのたびに、繰り返し CD-Rを焼くのも手間がかかりすぎるので、いい方法はないか?

iso形式のファイルを作成して、parallels(のような)仮想ソフトを使う

ここでは、 isoファイルを作成するのに、cygwinを、 作成したisoファイルをテストするために、ParallelsWorkstationを 使用しています。

Step1)iso形式のファイルの作成方法

cygwin上で、mkisofs.exe コマンドを使う。
cdromディレクトリにCD-Rに焼くファイル一式を収めておいた上で 以下のようにする。

$ cd cdrom
$ mkisofs.exe -r -J -o ../cdrom.iso .

Unknown charsetになった場合

実行環境によっては、 Unknown charset というエラーメッセージが出ることがある。

この場合は、 export LANG=ja_JP.UTF-8 してcharsetの設定をしておく。 (または対応している適切な charsetに設定)

$ cd cdrom
$ export LANG=ja_JP.UTF-8
$ mkisofs.exe -r -J -o ../cdrom.iso .

追記:CD-Rに焼いたときにディスク名をつけたり、文字コードの問題を回避する

単純に以下のようにしたのでは、作成したCD-RをWindowsでみたときに、 ディスク名が”cdrom”という無味乾燥な名前になってしまう。

$ mkisofs.exe -r -J -o ../cdrom.iso .

調べてみると、mkisofsにはオプションがあり、細かい調整が可能なことが判明。

CD-ROMのディスク名をつけるには、-V オプション コピーライト情報は -publisher オプションで。

$ cd cdrom
$ mkisofs -input-charset euc-jp -output-charset euc-jp -r -D -J -V "mycdrom" -publisher "ObjectDesign Inc." -o ../cdrom.iso .

Step2)ParallelsWorkstationでisoファイルを使用する

作成したcdrom.iso をParallelsのCD-ROMデバイスの設定で指定して、 起動する。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories