Index > Linux起動時に起動するデーモン(サービス)を指定する
Sat, May 19, 2007

Linux起動時に起動するデーモン(サービス)を指定する

Windowsにcolinuxをインストールして、Windowsサービスとして使用している。 そこに先日 samba を導入して、Windows上のcygwin上から y:ドライブとして扱えるようにした。

しかし、Windowsマシン自体を再起動すると、y: ドライブ経由でアクセスできなくなっている。 ログオン時に再接続にチェックしたのに。

調べてみると、colinux上でsmbが起動していなかった。

colinux+vine3.2の場合、起動時のデーモン設定は、以下のコマンドで行う。

$ su
# /usr/sbin/ntsysv

GNOMEなどでは、ウインドウズサービスの設定と同じ操作イメージで 起動時デーモン指定がデスクトップ上のメニューからできるようになっているが、 colinuxをXなしで使う場合には、いまだにこのコマンドのお世話になる。

ネットワークドライブの割り当て

ウインドウズエクスプローラのツールメニューから「ネットワークドライブの割り当て(N)」を選択。

日常的に使用するには、ログオン時再接続にチェック。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories