Index > Parallels workstation のゲストOS(Linux)にディスクを追加する方法
Mon, November 19, 2007

Parallels workstation のゲストOS(Linux)にディスクを追加する方法

Parallels workstation でハードディスクを後から追加する方法。

ホストOSのハードディスク容量に余裕がある場合は、 あらかじめ大きめにゲストOS用HDDイメージを確保しておけますが、 私の場合、あまり余裕がないので、 ゲストOS用HDDイメージのサイズもぎりぎりの大きさにしていました。

それが災いしてあとからHDDを追加しないといけないハメに...

足りない場合の別の対処方法

容量が足りない場合は、HDDイメージを追加する以外にも 既存のHDDイメージを拡張する方法があります。

追加手順

Step1 Parallels上で空のディスクイメージを作成して追加

Step2 ParallelsのゲストOS(Linux)を起動

Step3 fdiskで追加したディスクイメージにパーティションを追加

    $ su
    # /sbin/fdisk /dev/hdc

結果的に以下のようにします。

    コマンド (m でヘルプ): p

    Disk /dev/hdc: 3146 MB, 3146121216 bytes
    16 heads, 63 sectors/track, 6096 cylinders
    Units = シリンダ数 of 1008 * 512 = 516096 bytes

     デバイス ブート   始点      終点  ブロック   ID  システム
     /dev/hdc1             1      6096   3072352+  83  Linux

Step4 mkfs にてフォーマット

    # /sbin/mkfs -t ext3 /dev/hdc1 

Step5 テストでマウントしてみる

    # mkdir /mnt/testhdd
    # mount -t ext3 /dev/hdc1 /mnt/myhdd
    # df

Step6 /etc/fstabの編集

次回起動時に自動的にマウントされるように、 /etc/fstabにエントリーを追加します。

/dev/hdc1  /mnt/myhdd     ext3    defaults 1 2 

Step7 再起動して確認

再起動してみて、意図どおりマウントされるか確認します。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories