Index > 段落書式でフォント SimSun で指定してもMS明朝になってしまう問題その1(Adobe Structured FrameMaker8)
Thu, May 7, 2009

段落書式でフォント SimSun で指定してもMS明朝になってしまう問題その1(Adobe Structured FrameMaker8)

FrameMaker8 日本語インタフェースを使用(構造化FrameMaker)して 中国語(簡体字)のDTPを行っている。 ところが、中国語が文字化けしてしまう不具合が発生、その調査顛末。

起きている現象

テンプレート内の書式設定で、本文等の書式に SimSun を指定しているのだが、 XML文書をFrameMakerで(そのテンプレートを使用して)開くと、 一部が「MS明朝」指定に変わってしまう。 その結果、「MS明朝」指定に変わった部分で文字化けが発生している。

まずわからないのが、全部が「MS明朝」になってしまうわけではない点。 意図通りSimSun指定になっている部分もあれば、MS明朝になってしまう部分もある。

Arial Unicode MS でテスト→ OK

簡体字を表示できる別のフォントでテストしてみることにした。 調査したところ、Arial Unicode MS が使えるので、SimSunの代わりに使用してみた。

その結果、Arial Unicode MS 指定した部分で、一部が MS明朝に変わってしまう、 といった不具合は出なかった。

ちなみに、SimSun 指定のまま、FrameMaker8の英語インタフェースでテストしたところ 問題は起きなかった。

Adobe Song Std L というフォントも試してみたが、こちらも問題はなかった。 ただし、このフォントはボールドのウエイトが含まれていないため、 ボールド指定が有効にならないという別の問題がある。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories