Index > MIF 上で EPS 画像を PNG に置きかえる方法( Adobe FrameMaker の話 )
Sun, January 3, 2010

MIF 上で EPS 画像を PNG に置きかえる方法( Adobe FrameMaker の話 )

Adobe FrameMaker ドキュメント中に含まれる(参照で挿入している) EPS 画像を PNG 形式の画像に まとめて入れ替える方法。

単純に foo.eps を foo.png に置換すればOKと思ったのだが、そこまで簡単ではなかった。 (のでメモ)

やり方

  1. fm ファイルを mif に保存
  2. mifを開いて、< ImportObject ... > を探す
  3. 該当部分を 以下のルールに従って 記述変更

記述変更ルール

別に難しくはない(だろう、たぶん) あとはスクリプトで一括入れ替え処理をしましょう。

置きかえスクリプト(groovy)

あまり美しくはないですが、なんとか機能する置きかえスクリプトを作成したので ここにおいておきます。

このスクリプトの置きかえファイル形式はPNGで、解像度は100DPI固定になっているので注意してください。 (そうでない場合...つまりたとえば、JPGで120DPIなどの場合適宜スクリプトを書きかえてご利用ください。)

実行方法

$ groovy repalceEpsWithPng -i sample.mif -o result.mif

実行結果

sample.mif を処理して、result.mif に置きかえ結果を書き出します。

以下は、sample.mif と result.mif を diff -u したところ。

--- sample.mif  2010-01-15 23:08:24.000000000 +0900
+++ result.mif  2010-01-15 23:59:36.000000000 +0900
@@ -23,14 +23,15 @@
    <Unique 1002618>
    <Fill 7>
    <RunaroundType Contour>
-   <ImportObFileDI `<c\>fig<c\>Danger.eps'>
-   <ImportObFile `fig/Danger.eps'>
-   <ImportHint `0001FRAMEPSFWIN3    '>
-   <ImportObUpdater `EPSI'>
+   <ImportObFileDI `<c\>fig<c\>Danger.png'>
+   <ImportObFile `fig/Danger.png'>
+   <ImportHint `0001IMAGPNG WIN3    '>
+   <ImportObUpdater `PNG'>
    <ShapeRect  0.20189 mm 0.16845 mm 20.00017 mm 10.0001 mm>
-   <BRect  0.20189 mm 0.16845 mm 20.00017 mm 10.0001 mm>
+   <BRect  0.20189 mm 0.16845 mm 20.00017 mm 10.0001 mm>
+<BitMapDpi 100>
    <FlipLR No>
-   <NativeOrigin  96.15762 mm 153.64294 mm>
+   
   > # end of ImportObject
  > # end of Frame
 Twitter
follow me on Twitter
 Categories