Index > RoboHelp How to , ヘルプ目次のメンテナンス
Wed, April 21, 2010

RoboHelp How to , ヘルプ目次のメンテナンス

RoboHelpで ヘルプを作成する場合の目次アイテムの楽なメンテナンス方法。

XMLファイルを直接修正

RoboHelpのGUI上でちまちまと直しても問題ないのだが、面倒! マウスを多用するので手が痛い。

そこで RoboHelpのプロジェクトディレクトリを見てみると、 目次情報は、 プロジェクト名.hhc というファイル名で、XML形式で記述されていることが判明。

直接エディタでこれを修正してみるとうれしいことに そのまま変更が反映された。

hhc ファイルは以下のような感じ...

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<toc version="1.0">
        <properties imagewidth="16" windowstyles="8388610" exwindowstyles="256">
        </properties>
        <item name="2章">
                <item name="基本" link="hoge\1.htm">
                </item>
                <item name="命令">
                        <item name="ld" link="hoge\2.htm">
                        </item>
                        <item name="ldp" link="hoge\3.htm">
                        </item>
                        <item name="ldpb" link="hoge\4.htm">
                        </item>
                </item>

今回は諸事情により、name="hogehoge" を name="HOGEHOGE" と大文字に変更する必要があった。 vimでひとつひとつ直すのも面倒なので、 以下のような groovyをつくりました...ということでメモります。

def outf = new File('hoge.hhc.new')
def w    = outf.newWriter('UTF-8')

def f = new File('hoge.hhc')
def r = f.newReader('UTF-8')
r.eachLine{ line->

    def m = (line =~ /name="([^"]*)"/)

    sb = ''<<''
    if( m.find() ){
        def g1 = m.group(1)
        m.appendReplacement(sb, 'name="'+g1.toUpperCase()+'"' );
    }
    m.appendTail(sb);

    w.println( sb.toString() )

}
r.close()
w.close()

それにしても細かい作業です。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories