Index > SVGデータを Illustrator で開くと オブジェクトトリムエリアが設定されてしまう...という問題
Wed, January 20, 2010

SVGデータを Illustrator で開くと オブジェクトトリムエリアが設定されてしまう...という問題

アイコンをSVGで作成してからEPSにする という方法で作成したSVGをIllustrator CS3で開くと 以下のようにトリムエリア(トンボ)が設定されてしまっている。

以下のように...

この状態で、EPS化すると、四角のボーダーの回りに余白が入った状態でなる。 それは困る。

解決方法

Illustrator CS3 の メニュー【オブジェクト-トリムエリア-解除】 を選択すればOK.

これでトリムエリアはなくなるので、EPS保存すれば、 余計な余白は含まれない。

その他TIPS

わたしは諸事情によりEPS化からPNGに変換しているのですが、 その場合、フォント埋め込みにチェックを入れた状態でEPS化した方がよいです。

もちろん、EPS → PNG するOSでフォントが揃っていれば問題ないのでしょうけれど、 揃っていない場合、その部分が別のフォントに置き換えられたり、イタリックになったり するというトラブルに見舞われますので。

ちなみに変換処理につかっているツールはGraphicsMagickですが。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories