Index > Adobe FrameMakerでXMLを開くときにありがちなXML変換のためのXSLT
Wed, January 6, 2010

Adobe FrameMakerでXMLを開くときにありがちなXML変換のためのXSLT

FrameMakerでXML文書を開く前にXML変換して、 変換後のXMLをFrameMakerでフォーマット、というのが定番ですが、 このとき必ずといって良いほど使用するXSLTコードをメモ。

コード

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<xsl:stylesheet version="1.0"
    xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform" >

    <xsl:output method="xml" indent="no" doctype-system="my.dtd" encoding="UTF-8" />

    <xsl:template match="@*|node()" >
        <xsl:copy>
                <xsl:apply-templates select="@*|node()" />
        </xsl:copy>
    </xsl:template>

    <xsl:template match="text()"><xsl:value-of select="normalize-space(.)"/></xsl:template>

</xsl:stylesheet>

処理内容

  1. DOCTYPE宣言を追加
  2. 不要なスペースを除去
 Twitter
follow me on Twitter
 Categories