Index > Groovyコードを書くためのテキストエディタを速攻でつくる
Mon, February 1, 2010

Groovyコードを書くためのテキストエディタを速攻でつくる

groovyConsole コマンドでGroovyコードを書くためのテキストエディタが起動しますが、 あれを自分でも使えないか、という話。 実際にやってみると簡単に使うことができました。

次のような簡単なコードで groovy.ui.ConsoleTextEditor をコンポジットした MyConsoleTextEditor をつくって使います。

コード mygroovyeditor.groovy

import groovy.ui.*

import java.awt.*
import javax.swing.*


class MyConsoleTextEditor extends JPanel {

    def edt
    def MyConsoleTextEditor(){
        edt = new ConsoleTextEditor()
        doMyLayout();
    }
    private void doMyLayout(){
        setLayout(new BorderLayout())
        add( edt,BorderLayout.CENTER )
    }
    void setText(String text){
        edt.textEditor.text = text
    }
    String getText(){
        edt.textEditor.text
    }
}

frame = new JFrame()
frame.add( new MyConsoleTextEditor(),BorderLayout.CENTER )
frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.DISPOSE_ON_CLOSE)
frame.setSize(800,600)
frame.setVisible(true)

シンタックスハイライトしてくれるのが便利ですね。

ちなみに、GroovyではなくJavaで直接使うこともできます。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories