Index > アタリ画像の作成( groovy )
Wed, February 24, 2010

アタリ画像の作成( groovy )

アタリ画像を groovy で作成するコードメモ。 簡単なコードですが...

genAtri.groovy

//
// あたり画像の作成
//
// ソース中の
// outf と mysize を直接書き換えて、出力ファイル名とあたり画像サイズを調整
//

import java.io.*
import java.awt.*
import java.awt.image.*
import javax.imageio.*

def createImage(def mysize){
    type = BufferedImage.TYPE_4BYTE_ABGR
    new BufferedImage((int)mysize.width,(int)mysize.height,type)
}
def paint(def g,def mysize){
    g.color = Color.WHITE
    g.fill( new Rectangle((int)mysize.width,(int)mysize.height) )

    g.color = Color.BLACK
    g.draw( new Rectangle((int)(mysize.width-1),(int)(mysize.height-1)) )
}


def outf   = new File('dummy.png')
def mysize = new Dimension(100,100)


def bimg=createImage(mysize)
def g=bimg.getGraphics()
g.setRenderingHint(RenderingHints.KEY_ANTIALIASING,RenderingHints.VALUE_ANTIALIAS_ON)
paint(g,mysize)
g.dispose()

def fos=new FileOutputStream( outf )
ImageIO.write(bimg,"PNG",fos)
fos.close()

出力ファイル名と アタリ画像のサイズはソースコード内に直接ハードコーディングされているので 適宜書きかえます。

実行

$ groovy genAtri

結果

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories