my notebook blog : Stationary

Uni-ball Signo から Zebra Sarasa Clip + MUJI さらさら描けるゲルインキボールペン への乗り換え顛末

途中 LAMMYを使うこともあったものの ずっと uni-ball Signo を気に入って使ってきたのだが、 もっとたくさんの色を使いたいなどの不満から別のペンを探す活動をしてきた結果、 現在のところ、替え芯は無印良品の「さらさら描けるゲルインキボールペン」、ペン軸はZEBRAの「サラサクリップ」を使う形で落ち着いてきた。

continue reading……

Moleskine Weekly 2019-2020 ポケットサイズ

Moleskine-denim

2019年は デニムのラージサイズのWeekly Dialy を使ってきましたが、 2020年用には結局ポケットサイズに戻しました.
デニムのカジュアルな感じもよい、ラージサイズなのでたくさん書き込みができる、など それになりに気に入って使っていたのですが、 使用頻度で言えば併用していた ポケットサイズの moleskine classic notebook が圧倒的でした.

continue reading……

無印良品 さらさら描けるボールペン替芯は ZEBRA サラサクリップの替芯と同じ?

MUJI-and-SARASA

基本的に ボールペンは uni-ball Signo を使い続けているのだが、Singoの替え芯の色展開が黒・赤・青・ブルーブラックの四色しかない。 他の色を使いたければ、替え芯だけでなくペン本体ごと買わないといけない。 そこで色展開が豊富で替え芯のバリエーションがあるものを探していたのだが、なかなかよいものがない。

continue reading……

Moleskine Weekly 2019 限定版デニムを入手 ラベルを剥がす

Moleskine-denim

最近の2年間は Moleskin Weekly のポケットサイズを使ってきました。
昨年は実は Moleskin Daily 手帳ポケットサイズを試したのですが、厚みがありすぎて持ち歩くのが億劫になり結局あまり使わず。 期の途中で急いでまだ在庫があった Weekly 版を購入することになりました。 今年もポケットサイズの Weekly を使うつもりだったのですが、Amazon で デニム生地の限定エディションがあったのでこれを試すことにしました。 サイズはポケットサイズではなく、ラージです。

continue reading……

LAMY Safari から再び ユニボール シグノに乗り換えた話

数年間愛用してきた ユニボール シグノ から LAMY Safari (+リフィルアダプター) に乗り換えた話 の通り数年前に シグノから LAMY Safari に乗り換えていたのですが、 やはり、なんやかんや気に入らなくて、結局 ユニボール シグノに戻っていたのでした。 しかし、問題はしばらく使っていると必ず キャップについているクリップ部分が折れてしまうことでした。 リフィルで何度も入れ替えて使っているので、そこまで長期間の耐久性は想定外なのかもしれません。

ところが最近、 ユニボールのアルミ外装( ユニボール シグノ 極細シリーズ 用 PEN JACKET アルミ製ジャケット ) という製品があることを知り早速買って見ました。

WIZ PEN JACKET ユニボール シグノ 極細シリーズ 専用アルミジャケット

continue reading……


Older Posts »