Home About
星を SVG で描画したい

star

Small Sketch という Android アプリのアイコンで星型を使いたくなったので、星をSVGで記述する必要が生じた. 星は円周上の5つの点を直線で結ぶとできる図形. 円周上の点の計算といえば三角関数、それから直線の交点の計算、それらの点を結ぶと星のパスが描画できる. これらの計算処理をまとめます.

» Read More
Groovy で画像処理、普段使いのスクリプト その2( 回転 )

Groovy で画像処理、普段使いのスクリプト その1 に続き その2 画像回転をやってみます。

» Read More
Groovy で画像処理、普段使いのスクリプト その1( リサイズ/グレースケール/JPEG/切り抜き/2in1 )

普段ターミナル中心に bash と vim で仕事をしている身としては ちょっとした画像処理は いちいち Photoshop や GIMP を起動するより groovy スクリプトでちゃっちゃと済ませてしまいたいところです。

今回はそれら普段使いのちょっとした画像処理用コードをいろいろ書いてみます。 ここではこのとてもおいしそうな ポンシェのホワイトドーナツ 画像を例に いろいろ料理してみましょう。

» Read More
kotlin でPNGファイルを一括でJPGファイルに変換するスクリプトを書いた件

kotlin のコレクションが素敵。DTP関連のタスクでは入稿してきた大量のデータの前処理してこちらの都合のよいファイル名や形式に直す必要が生じることがある。普段は groovy で処理しているのだが、kotlin のコレクションが素敵そうなので、試してみました。

» Read More
JythonとJava2Dを使って、CD-ROMアイコンを作成

Jythonを使って、今回CD-ROMアイコンを作成してみました。

» Read More
矢印を簡単に描画するシェイプの自作(Java2D)

矢印の描画自体は、矢印を構成する各頂点を線で結んでいくだけなので、単純です。 (頂点の計算はちょっと面倒かもしれませんが)

とはいえ、何本の矢印を描画する必要がある場合、都度描画するのは面倒なので、始点(p0)と終点(p1)だけ指定したら、矢印を描画するShapeクラスをつくりました。

arrowShape

» Read More