Home About
macOS , jq

MacBook Air M1 に jq をソースからインストール

jq をソースからインストールしたので備忘録を残す。

いつまで耐えられるかわからないが、 とりあえずこの MacBook Air M1 には home brew を入れないと決めている。 そして、 jq を使おうとしたら当然コマンドが存在しない。

jq も簡単にソースからビルドできると思ったがそうはいかなかった。

最初に jq 1.6 を試したが、 oniguruma の部分が解決できなかった。 jq 1.5 はビルドできた。

macOS は monterey version 12.4 です。 前回 bash を入れたときに GCC などはインストール済。

Autoconf

Autoconf をインストールします。 bash のときもそうだったのですが、 自分でソースから入れるものは /opt/ 以下に配置することにしています。

autoconf-2.71.tar.gz をダウンロードします。

$ tar xf ~/Downloads/autoconf-2.71.tar.gz
$ cd autoconf-2.71
$ ./configure --prefix=/opt/autoconf-2.71
$ make
$ sudo make install

これで /opt/autoconf-2.71/ 以下に配置されます。 /opt/autoconf にリンクします。

$ cd /opt
$ sudo ln -s autoconf-2.71 autoconf

最後に /opt/autoconf/bin にパスを通します。

Automake

Automake をインストールします。

automake-1.16.5.tar.gz をダウンロードします。

$ tar xf ~/Downloads/automake-1.16.5.tar.gz
$ cd automake-1.16.5
$ ./configure --prefix=/opt/automake-1.16.5
$ make
$ sudo make install

これで /opt/automake-1.16.5/ 以下に配置されます。 /opt/automake にリンクします。

$ cd /opt
$ sudo ln -s automake-1.16.5 automake

最後に /opt/automake/bin にパスを通します。

Libtool

Libtool をインストールします。

これはもしかして必要なかったかもしれません。 あれこれ試行錯誤中に必要になったので入れました。

libtool-2.4.6.tar.gz をダウンロードします。

$ tar xf ~/Download/libtool-2.4.6.tar.gz
$ cd libtool-2.4.6
$ ./configure --prefix=/opt/libtool-2.4.6
$ make
$ sudo make install

これで /opt/libtool-2.4.6 に配置されます。 /opt/libtool にリンクします。

$ cd /opt
$ sudo ln -s libtool-2.4.6 libtool

最後に /opt/libtool/bin にパスを通します。

jq

ようやく jq 本体のインストールです。 https://stedolan.github.io/jq/download/ から jq-1.5.tar.gz をダウンロードします。

$ tar xf ~/Downloads/jq-1.5.tar.gz
$ cd jq-1.5
$ ./configure
$ make

jq ファイル一つだけあれば事足りるので make install はしません。

できあがった jq コマンドを ~/.local/bin/jq などに配置します。

$ jq --version
jq-1.5

まとめ

なんとか jq が使えるようになりました。 ソースから入れるの結構大変。