Home About
Lifehack

口内炎が痛い、痛みを和らげる方法

数日前から口内炎になってしまった。

しかも舌の先の部分で、何か食べる・飲むときに必ずあたるため痛くて何も口にいれる気がしない。 さらに、夜中に激痛のため起きてしまうほど、いままで口内炎でここまでひどい痛みはなかったのに。

花粉症のためアレジオンという薬を飲み続けているのがいけないのか?と思い調べてみると、副作用として、口内炎が挙っている。 そのせいでなかなか治らないのかもしれない。 あまりに痛くかつ長引くので、いろいろな対策を実験したり人に聞いたりしてみた。今回わたしが痛みを和らげる上で効果があったものをメモしてみます。

口内炎の痛みを和らげた(ある種の)薬

直接患部に塗る薬です。効果は確にありますが、舌の先の場合すぐ薬が取れてしまって長持ちしません。

喉も痛かったので買ってなめていたのですが、なぜか、口内炎の痛みも和らぎました。これは今回はじめて体験したことです。 塗り薬と違って、舐めている間(とその後しばらく)効果が持続するのでかなりよいです。

取引先の会社の女性に教わりました。患部に塗ると効くといわれたのですが、 オルテクサーがあったので、それはやっていないのですが、歯磨きしている間、実際に痛みが和らぎます。 水ですすぐときは再び激痛が走るわけですが、どうも歯磨き粉も(痛みを和らげるのに)効くみたいです。

痛いから何も食べたくなくて、でも空腹。 そんなときに近くのスーパーで安売りしていたチョコを買って食べました。 チョコなら少し食べただけで元気出るだろうという発想です。

食べてみると結構痛くないです。 口内炎はオレンジジュースや醤油のように「しみて」激痛が走るものとリンゴジューズのように甘い系でしみないものがあるのですが、チョコもいけます。 しかも栄養が摂取できてちょっと口内炎が治ったような気がします。

紅茶は喉の痛みにも効きますが、口内炎にも効きました。 はじめは痛いのですが、しばらく飲み続けていると痛くなくなります。 ずっと紅茶を飲み続けていないと、効果が持続できないのがちょっと。

ビタミン剤やビタミンドリンクは治るという話になっていますが、飲んだときに痛みが和らぐわけではないので、良くわかりません。 3時間間隔ぐらいで飲み続けるとはやく治るらしい。精神的なささえでしょうか…