Home About
Mackbook , Apple , Review , Doodle

MacBook 12inch 2017 を入手した話

今更と言うべきか、とうとうと言うべきか、MacBook 12inch 2017 を手に入れました。

macbook-2017

2018年のはじめには ThinkPad のどれかにするつもりでいたのですが 諸事情により MacBook 12inch にしました。 2018年の5月くらいには腹は決まっていたのですが、6月にはあの WWDC が開催されるので待っていました。 MacBook 2017 を買ったとたんに MacBook 2018 が出るという苦痛には耐えられそうもないので。

そして いろいろ出る出る詐欺的(詐欺ではない)なニュースがありながら、結局何のハードウェアの発表もなかったあの悲しい WWDC が終わり、購入することしました。 今頃ブログを書いているのは、Apple側の配送トラブルとかで、注文から2週間近くも待たされたからです。

ハードをアップグレードする気になった直接の原因は、 MacBook Pro 13inch Late 2016 の 8G メモリでは少し問題を感じるようになってきたからです。 (某アプリが落ちることが多くなってきた。原因がメモリが少ないせいかは定かではないのだが。) 順当に行けば MacBook Pro 13inch 2017 にアップグレードするのが筋だとは思うのですが、 MacBook 12inch にした理由の一つ目は 圧倒的にこの MacBook Pro を持ち歩くのを億劫に感じていたので、軽い MacBook で済ませたかった ということ。 二つ目は、おそらく自分が感じているマシンパワー不足の不満は MacBook Pro 13inch 2017 にしたところで それほどは解消されないだろうから。 それは 次の Mac mini か MacPro を使うしかないだろうと(そんな予算は今のところありそうにないが)。 だったら、マシンパワー的には今と同じくらいでよいから、別の価値がほしいと。

MacBook Pro 13inch Late 2016 以前のメインマシンは MacBook Air 13inch だったので、 MacBook Air とほぼ同じサイズ感、重量なのに Retina Display になってすげー、という感じだったのですが、 やはり自分には少し重い。 もっと、家の中でも外でもストレスなく持ち運べる軽さサイズ感がほしいかったのです。

MacBook は 2015 や 2016 のあのひどい(個人的な意見です)キーボードを体験していたので、まったく買う気はなかったのですが、 MacBook Pro 13inch Late 2016 を使っていくうちにだんだん慣れてきてこのキーボードでもまあいいかな、ってなってきたのと、 MacBook 2017 では、それより少しだけ改良された(らしい) MacBook Pro 2017 と同じキーボードがついている、ということで、 一番の懸念事項がなくなっていたので。

となると、あとは、MacBook Pro と比べて生産性がどうか、という問題だけになります。 スペック的には CPUやSSDのスピード差がかなりあるようなので、悩んでいたのですが、 いまのところ不満はないです。

しばらく使ってみてまたレビューを書いてみたいと思います。