Home About
InDesign , ExtendScript , Node.js , Markdown

電子書籍「Markdown to InDesign 開発入門」をリリース

先日、電子書籍「ExtendScript と Node.js による Markdown to InDesign 開発入門」をリリースしました。 Amazon の Kindle Unlimited の会員の方は無料で読めます。ExtendScript に関心がある方は是非ご覧ください。

これは、 以前リリースした「Node.js による InDesign ExtendScript モダン開発入門」の続編です。

ExtendScript と Node.js による Markdown to InDesign 開発入門

書籍中のソースコードはこちらの Github レポジトリにあります。

Markdown テキストから InDesign 文書へ変換といえば、一般的には pandoc を使って MarkdownをICMLに変換、 それを InDesign文書に配置する方法が知られていますが、この本では使用する方法は、それとは別です。

基本の流れは、対象となる Markdown テキストをパースしてドキュメントモデルを構築、 そのモデルを InDesign 文書へ変換していく、という手順です。 Markdownテキストを ExtendScript でパースするのは難しいので、その部分は、 commonmark.js を使っています。

本当は最初に出す本としてこの内容を考えていて、 実際に原稿を書きかけていたのですが、ExtendScriptを使った説明部分のコードが長くなりすぎて挫折した、 という経緯があります。 この問題を解決するために、Node.js,webpack,Babel そして Underscore.js の力を借りて 現代的なJavaScriptを使って記述するようにしました。 その結果、なんとか電子書籍で説明できるくらいにコードを短くすることができたと思います。