Home About
Moleskine , Stationary , MUJI

Moleskine Weekly 2019-2020 ポケットサイズ

2019年は デニムのラージサイズのWeekly Dialy を使ってきましたが、 2020年用には結局ポケットサイズに戻しました.
デニムのカジュアルな感じもよい、 ラージサイズなのでたくさん書き込みができる、など それになりに気に入って使っていたのですが、 使用頻度で言えば併用していた ポケットサイズの moleskine classic notebook が圧倒的でした.

moleskine-classic-notebook-and-diary

ラージサイズの diary はスケジュールだけを書き込むには少し大きすぎたようで、 あまった余白に思いついたことをメモする形での利用がむしろ重宝したというか。 それならば、スケジュール管理部分はポケットサイズに戻して、 思いついたことをメモする用途には、別途大きめのノートを用意したほうがいいじゃないかと.

この流れで行くと、 XL など大きめサイズの moleskine classic notebook hard cover を使うという発想になります. このノートの良いところは、カバーがハードなので、 移動中の電車や机がない場所でのメモするときの安心感・安定感です.

ただ、moleskine classic notebook はかなりのお値段なので、気軽にたくさんメモする向きには もう少し安価なノートを使いたい. そこで、こちらの無印良品のノート(上質紙ダブルリングノート・ドット方眼)をテスト的に使い始めています. 今のところかなり気に入っています. ちょうど無印週間が来たので、まとめ買いしておくべきか悩んでいるところ...
このシリーズは A6, A5サイズのみの展開のようですが、 もう少し大きいサイズも使いたい. A4サイズが使ってみたいのだが、調べてみたら 無印のノートって A4サイスがほとんどないのであった.