Home About
Emacs , Wnn , multipass

Multipass に FreeWnn をインストール、ホスト側で emacs + tamago-tsunagi を使う

Windows の WSL みたいに MacOS でも軽快に(VirtualBoxやParallelsほどおおげさでなく)Ubuntuを使いたい。 と思っていたら Multipass を使えばよいだけだった。

ホストマック(intel)上で:

$ brew install --cask multipass

Multipass のインストール方法の詳細はこちら

multipass find すると使える仮想マシンがリストされる。ここでは 20.04 を使う。

$ multipass launch --name primary 20.04

primary という名前にしておくと、multipass shell するときに対象となる仮想マシンの名前を省略できる。
詳しくはこちら: https://multipass.run/docs/primary-instance

仮想マシンのダウンロードが行なわれる。 プロンプトが戻ったら:

$ multipass ls
Name                    State             IPv4             Image
primary                 Running           192.168.64.2     Ubuntu 20.04 LTS

これでもう起動している。

$ multipass shell

で仮想マシン内の Ubuntu にアクセスできる。

ここでは Ubuntu で freewnn-jserver を動かしたいので:

ubuntu@primary:~$ sudo apt update
ubuntu@primary:~$ sudo apt install freewnn-jserver

既に freewnn サーバは 192.168.64.2 で作動している。

あとはホスト側のマックで emacs のインストール と、tamago-tsunagi をインストールする。

~/.emacs.d/init.el の以下の設定を追加:

(add-to-list 'load-path "/usr/local/share/emacs/site-lisp/egg")
(load-file "/usr/local/share/emacs/site-lisp/egg/leim-list.el")
(setq default-input-method "japanese-egg-wnn")
(setq wnn-jserver "192.168.64.2")

これで emacs 上で freewnn を使って日本語入力ができる状態になる。

その他の multipass コマンド

仮想マシンのストップ/スタート:

$ multipass stop primary
$ multipass start primary

仮想マシンの削除:

$ multipass delete primary
$ multipass purge

まとめ

FreeWnn サーバを Macbook Air で使いたいと思っていて、今まで Virtualbox を使ってきた。 しかし、 常時 Virtualbox を起動しておくことで早くバッテリーが消耗するんじゃないか?といった精神的な負担があり、結局あまり使ってこなかった。

Multipass の場合常時起動がどうなるかわからないけれど、しばらく起動したままの運用を試す。