Home About
Stationary , Sarasa , pen , Review

サラサ ナノ

2021年11月にサラサシリーズの新しいペン サラサナノ が発売されました。

sarasa-nano

そんなことは全く知らなかったのですが、 色数を増やそうと思いたち、年末に文具店に サラサグランドを買い増しに出かけた。 しかし、サラサグランドが置いていない。 その代わりこのサラサナノがあって、まあこれでいいか(サラサグランドより)安いし、と思ってとりあえず間に合わせで買ったのですが、これが大当たりです。 今では、このサラサナノに MUJI のサラサ互換リフィルを入れて毎日使っています。 もう、ほぼペンはサラサナノしか使っていない。

あくまで、自分の周辺店舗の文具店での印象にすぎないのですが、 お店での存在感が薄いのが残念。 とある丸善(文具店)とかロフトとか、そもそも置いてすらいない店もある。 店舗の目立つ陳列位置/陳列スペースというのは、ユーザーサイド人気度は関係なく、売る側のあれで決まるのだろう。 致し方ない。 2本目以後のサラサナノは ヨドバシカメラ で通販購入しました。

このサラサナノのすばらしい点は重心です。 過去のサラサグランドのエントリーでも書いていますが、 見た目のビジュアルとかではなく、書く人の気持に寄り添ったペンであること(個人的な見解です)。 軽くて書いていて疲れないペン。持つ部分の軸がほどよく太く滑らない。 そして全体はプラスチックだが、ペン先に金属が入っていて、重心がペン先の方にある。 ペン先が重いから力を入れないでもスッスとかける/細かい文字やイラストを描くときにペン先がぶれない。 インクはいつものサラサ(といってもMUJI版だが)で、この書き心地。

ただ、標準の 0.3mm のリフィルはどうかと思います。 ちょっと使ってみた感じ気に入らなかったので、即座に MUJI のサラサ互換 0.5mm のリフィルに変更しているので、 0.3mm を使い込んだ上の感想ではないですが。

軸の色も非常に沢山の種類が出ていて、気に入った色が選べるのもよき。