Monday, April 1, 2019 / Chromebook, iPhone

iPhone6 バッテリ交換顛末、タブレットを iPad から Chromebook へ変更

家人の iPhone6 のバッテリーがついにお亡くなりになった。 ここ数日は、充電してもいきなり 0% から 100%になるような有様で、いよいよかとは思っていた。 突然、電源ケーブルをつないでいても起動すらしなくなってしまった。

Apple Store の修理対応はある意味ひどい

それで、Apple Store でバッテリー交換を申し込んだが、 電源ケーブルをつなげた状態で起動すらしない場合は、バッテリー交換はもちろん、どんな修理にも対応しない、ということだった。 唯一のオプションは、新品交換だけだと言われた。今更 iPhone6 の新品はないわ。 こうなった経緯をから考えれば、バッテリー交換すれば復活することはほぼ間違いないと思うのだが、 どれだけそれを説明しても、対応できないの一点張り。 起動しない原因がバッテリー以外の可能性があること、そして起動しない以上、故障の原因がどこにあるかわからないから、修理はできない、ということらしい。 確かに、電源ケーブルをさした状態で起動しない限りは、バッテリー以外に故障の原因がない、という証明をすることは不可能なわけで、Apple Store の言い分もわからないではないが。 そもそも、そんな極限までバッテリーを消耗させるまで使い続けますか普通(いや自分が使ってたわけじゃないけどね)、と言われると非常にレアケースとも言えるだろうけど。

結局、仕方がないので、サードパーティの修理屋さんに頼んだら1時間でバッテリー交換が完了、もう Apple の保証は受けられなくなった代わりに あっという間に完全に元の状態に戻った。 それから2週間くらい使っているが、何の問題もないし、いまでは3日くらい充電なしで使用できるようになっている。

iPad から Chromebook へ移行

それでこの iPhone6 は自分で使うことにして、家人には新しい iPhone8 を導入した。 いままでは 自分は Android スマフォを使っていたが、しばらくぶりに iOS へ復帰。スマフォは仕事用の チャットと メール、あとは音楽(amazon music)を聴くくらいだから移行は簡単だった。 そして、iMessage が必要だったので手放せないでいた iPad をついに手放すことができる状態になった。 iPad がなくて困るといえば、家で聴く 音楽(amazon music) くらいだからそれは Chromebook に乗り換えることにした。 今のところ、とくに困ったことは起きていないが、一つ不満なのは、Chromebook にインストールした Amazon Music アプリのバッテリー消費量が割と激しい気がすること。 充電なしで数日は利用できていた Chromebook が Amazon Music アプリ を起動したままにしておくと、せいぜい 1日しか持たなくなってしまった。 アプリを終了すると、バッテリー消耗は起きないようなので、とりあえずそれで対処している。 (なお、諸事情によりこの Chromebook では Chrome拡張の Amazon Music は使えない。)