Home About
JavaScript

ブラウザの画面サイズの取得

接続してきたブラウザの画面サイズを元にHTMLのレイアウトを調整したい場合に使用するJavaScript。 今回は、textareaを画面サイズに応じて調整したかったので、実装しました。

材料(コード)を揃えます

ブラウザ画面サイズを取得して、対象となるHTML要素のサイズを設定する... ために必要な材料(コード)を用意していきます。

画面サイズを取得するjavascript関数

getBrowserWidth() ... ブラウザの横幅を取得

function getBrowserWidth() {
    if ( window.innerWidth ) {
        return window.innerWidth;
    }
    else if ( document.documentElement && document.documentElement.clientWidth != 0 ) {
        return document.documentElement.clientWidth;
    }
    else if ( document.body ) {
        return document.body.clientWidth;
    }
    return 0;
}

getBrowserHeight() ... ブラウザの高さを取得

function getBrowserHeight() {
    if ( window.innerHeight ) {
        return window.innerHeight;
    }
    else if ( document.documentElement && document.documentElement.clientHeight != 0 ) {
        return document.documentElement.clientHeight;
    }
    else if ( document.body ) {
        return document.body.clientHeight;
    }
    return 0;
}

getBrowserWidth() ,getBrowserHeight() を使うJavaScript

ここでは、横幅に対して 0.9 を 高さに対して 0.7 をかけることで 画面にほどよく収まるサイズを計算しています。

計算した値は、CSSスタイルとして設定します。 ここでは、 document.getElementById("myTextArea") を使って 対象とするHTML要素のインスタンスを取得し、そこに、CSSスタイル設定しています。

function resizeTextArea(){
    var ta=document.getElementById("myTextArea");//対象となる textarea要素にidを設置しておきます
    var myw=0.9*(getBrowserWidth());//画面に収まるようにやや小さくする
    var myh=0.7*(getBrowserHeight());//同上

    var mycss="width:"+myw+"px;height:"+myh+"px;";
    ta.style.cssText=mycss;
}

以下のように記述しておくことで、ブラウザリサイズ時に大きさを再計算することができるようになります。

window.onload = function(){ resizeTextArea(); }
window.onresize=function(){ resizeTextArea(); }