Home About
JavaScript , Node.js , ExtendScript

Node.js で ExtendScript する話(パート4) webpack アゲイン

Node.js で モジュールを使って ExtendScript するために

その後、さらに調べてみると、 パート1で不都合があった webpack で、オプションを適切に指定することで、 ExtendScript用のコードにバンドルできることがわかりました。

Node.js ではさまざまなツールの組み合わせが存在していて、自分の目的にあうツールがどれなのか・・・という。 アプリケーションコードを書く前段階での試行錯誤が半端ないですね。

sayhello4 プロジェクト

例によって、sayHello と sayKonnitiwa という 2つのfunction を持ったモジュールを export し、メインのコードからこれらを import して使うことにする。

ここで使用するツールは Node.js と Make でそれぞれバージョンは以下の通り:

$ node -v
v14.17.6

$ make -v
GNU Make 3.81

プロジェクトとディレクトリを作成し、必要なツール webpack と babel 関連をインストールする:

$ mkdir sayhello4
$ cd sayhello4
$ npm init -y
$ npm install webpack@5.52.0 --save-dev
$ npm install webpack-cli@4.8.0 --save-dev
$ npm install babel-loader@8.2.2 --save-dev
$ npm install @babel/core@7.15.5 --save-dev
$ npm install @babel/preset-env@7.15.4 --save-dev

ここまでのところで、一旦 package.json を確認します:

{
  "name": "sayhello4",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "keywords": [],
  "author": "",
  "license": "ISC",
  "devDependencies": {
    "@babel/core": "^7.15.5",
    "@babel/preset-env": "^7.15.4",
    "babel-loader": "^8.2.2",
    "webpack": "^5.52.0",
    "webpack-cli": "^4.8.0"
  }
}

方針は以下のようにします。

この方針にしたがって、webpack, babel の設定をします。

まず webpack.config.js:

const path = require('path');

module.exports = {
    mode: 'production',
    entry: './main.js',
    output: {
        path: __dirname,
        filename: 'main.jsx'
    },
    target: ['web', 'es5'],
    module: {
        rules: [
          {
            test: /\.js$/,
            exclude: path.resolve(__dirname, 'node_modules'),
            use: 'babel-loader'
          }
        ]
    }
};

target を web, es5 に指定することで、バンドルされた main.jsx が ExtendScript として実行可能なコードに変換されます。

次に babel.config.json:

{
  "presets": [
    [
      "@babel/preset-env",
      {
        "loose": true,
        "modules": false
      }
    ]
  ],
  "plugins": []
}

モジュールのコード js_modules/say.js:

var sayHello = (name)=>{
	return 'Hello ' + name + '!';
};
var sayKonnitiwa = (name)=>{
	return 'こんにちは ' + name + '!';
};
export { sayHello, sayKonnitiwa };

エクスポートした sayHello, sayKonnitiwa 関数を使うメインのコード main.js:

import {sayHello,sayKonnitiwa} from './js_modules/say.js';

var console = {};
console.log = (message)=>{
	$.writeln(message);
};

console.log( sayHello('Taro') );
console.log( sayKonnitiwa('Hanako') );

変換手順を書いた Makefile:

main.jsx : main.js js_modules/say.js webpack.config.js babel.config.json
	npx webpack --config webpack.config.js
	echo "" >> $@
	echo "//@target InDesign" >> $@

clean:
	$(RM) main.jsx

今回気づいたのですが(いまさら?!)npx コマンドを使えば、webpack コマンドをわざわざ ./node_modules/.bin/webpack のように記述する必要がないようです。

ここまでの、ファイルおよびディレクトリ構成を確認しておきます:

.
├── js_modules
│   └── say.js
├── Makefile
├── main.js
├── node_modules/
├── package-lock.json
├── package.json
├── babel.config.json
└── webpack.config.js

それでは make して、 main.jsx を生成します。

最後に main.jsx を VSCode + ExtendScript Debugger で 実行するために、.vscode/launch.json を追加:

{
    "version": "1.0.0",
    "configurations": [
        {
            "type": "extendscript-debug",
            "request": "launch",
            "name": "main.jsx",
            "program": "${workspaceFolder}/main.jsx",
            "stopOnEntry": false
        }
    ]
}

これですべての準備が整ったので、 code . して VSCode を起動して、InDesign で main.jsx をデバッグ実行してみます。

main.jsx

うまくいきました。

まとめ

今のところ ExtendScript 開発にとって rollup か webpack どちらがよいのかわかりません。 まずは、webpack を使って開発を進めてみます。